アクセス

  • パワーストーン
    今日占い 昨日カウンター

自然 Feed

2019年4月 7日 (日)

勝山の春 2019

 4月に入ってから、勝山の桜もちらほらと開き始め、先週の金曜日の暖かさで一気に開花が進みました。6日の土曜、勝山の桜ポイントのいくつかを見て回りました。

まず、桜ではありませんが、
3x2a3323_raw_r北郷の下森川の菜の花。トンネルハウスのビニルを外してから、どんどん大きくなってきました。

<花月楼のしだれ桜>
Ae6a3174_raw_r青空としだれ桜の白、コントラストが綺麗でした。花月楼となりの公園(?)の近くに咲く、ソメイヨシノ。
Ae6a3193_raw_r肉眼で見ると、桜の下を流れる水路といい感じに見えるのですが、カメラのセンサーは、桜の方に光の具合を合わせてしまいました。

<弁天桜>
3x2a3328_raw_r桜の木の下では、花見バーベキューを楽しむグループがいくつもありました。日曜日の新聞では、「弁天桜は、8分咲き」ということでした。今日は、少し肌寒い感じでしたが、きっと満開になったはず。明日から2,3日寒の戻りがありそうなので、満開の状態が少し長続きしそうです。

<弁天桜のスナップ>
3x2a3329_raw_r桜のズームアップ。

3x2a3345_raw_r逆光の桜。

3x2a3342_raw_r桜並木。

<保田駅近くの鹿谷川>
Ae6a3210_raw_rここは日当たりが良いためか、弁天よりも咲いている感じでした。

<おまけ>

この場所から白山が綺麗に見えました。
Ae6a3211_raw_r手前の田んぼに水が入ると、春らしい風景になりそうです。

2019年1月31日 (木)

自然からの贈り物

1月30日、朝5時頃に-6℃近くまで気温が下がりました。

朝の勝山橋と百名山 荒島岳Photo

Photo_2

霧氷

気温が-5℃近くまで下がると、空気中の水蒸気が冷やされ、木の枝先になどにあたったときに凍りつく現象。こういう針のようになって付くのははちょっと珍しいです。

__下荒井の霧氷、山際の様子です。

同じく下荒井の九頭竜川沿いです。_やっぱり川の方が綺麗です。向こうにある越前甲には、日の出の朝日があたっていて綺麗でした。

2019年1月25日 (金)

スキー遠足にて

 22日のスキー遠足、午後からは青空が見える良い天気となりました。今シーズンは、雪が少ないですが、スキージャムがある法恩寺山のファンタジーサイトから上では、霧氷が成長したところに雪が吹き付けられ、ブナの木の枝先まで真っ白でした。P1070988

ゲレンデ脇のブナ 1

P1070991_bゲレンデ脇のブナ 2

P1080026ゲレンデ脇のブナ 3

 今週末、強い寒波が来ていますが、寒波が過ぎた後にスキージャムに行くと、もっと綺麗な光景を見ることができるかもしれませんね。

2018年11月 2日 (金)

白山 初冠雪

 11月2日付けの福井新聞で紹介されていましたが、この秋 初めての寒気の南下により、白山にも雪が降りました。P1070835_r2日、校舎の3階から見える白山。明日からは、少し気温も上がりそうなので、雪も解けるかもしれません。再び白くなる白山は、いつでしょうか。

おまけ

10月21日、3町内で町民運動会が行われていたときに撮影した白山と越前甲。Photo白山 小舟渡の九頭竜川から撮影。

Photo_2越前甲 荒土小学校ちかくより撮影。

2018年8月 7日 (火)

勝山 夏の風景 2 動画有り

北郷の畝見川のバイカモ群生地で撮影。
Ae6a9601_raw_rギンヤンマのメスが、バイカモの茎に卵を産み付けていました。

 ギンヤンマのメスがバイカモの茎に卵を産み付けている様子です。1分程の動画です。
YouTube: P1030222

2018年8月 5日 (日)

勝山 夏の風景 1

荒土 温川のバイカモ
Ae6a9571_raw_r

荒土 清水島から見た越前甲
Ae6a9576_raw_r

北郷 畝見川のバイカモ
Ae6a9579_raw_r

朝露にぬれる稲
Ae6a9628_raw_r日中は暑い日が続きますが、明け方は涼しい日も。

2018年7月17日 (火)

合歓の花

 この3連休、「この勝山でこの気温は何!」と叫びたいくらいの高い気温でした。この高温は一体いつまで続くのでしょうか。早く峠を越えて欲しいですね。

 7月に入ってから、夏の花が咲き出していました。P1030192_r7月上旬頃、北郷・坂東島で撮影。

 元気に咲き誇っている夏の花の『合歓』ですが、この連日の暑さで花の色も少し抜けてきました。この猛暑続き、早く終わって欲しい・・・・。

 

2018年6月24日 (日)

300622 ヒメボタル 2018 Part 2

 18日に下見をしてから4日後、再びヒメボタルのポイントに立ち寄りました。ヒメボタル群生地の手前に人が入った形跡があったので、杉林の奥の方を撮影しました。

PCでたくさんの写真を多重露光撮影したように合成しています。露出時間は835秒になります。180621_1_835_r 今年は半月(上弦の月)の月明かりがあり、撮影には少々不利。ヒメボタルもまだ見頃のピークにはまだ早いような感じでした。

2018年6月22日 (金)

300621 ヒメボタル 2018

 15日、北郷の岩屋林道(砂防ダムから400m程上流に行った杉林)で、今年初のヒメボタルが飛び出していました。数は、2,3匹程でした。その3日後の18日には、10匹程度にまで増えていました。

180618_1_r_2 18日に撮影。(下見だったため、3分程度の多重露光撮影です。)

 その3日後、21日の夜になると、ヒメボタルが多く生息するコロニーのポイントで50匹程度に増えていました。180621_1_835_r  写真は、およそ15分間の多重露光撮影です。あと、3,4日すると、見頃になっているかもしれません。

<ヒメボタル鑑賞の注意点>

・夜は野生動物が動き回ります。熊鈴などで定期的に音を出す。

・周囲の音やにおいに気を配る。(野生動物、特にイノシシがいると、くさいにおいがします。)

・ヒメボタルは、強い光が苦手。明るい懐中電灯、特にLEDタイプは×。

・写真撮影をしている人がいるので、車の移動は注意。

300618 北部中校下のゲンジボタル 2018 Part3

 勝山のゲンジボタルもそろそろ終わりに近づいてきました。北郷の坂東島、岩屋川と九頭竜川が合流する所では、15日あたりからホタルが飛び始め、18~20日の21時頃には多くのゲンジボタルが飛び交っていました。

180618_1_r 今年は、昨年よりも多くの数が見られました。(写真は、18日に撮影。)