アクセス

北部中ESDの取り組み

北部中ESDの取り組み

Application for Participation
Associated Schools Project (ASP)
for Promoting International Education

Outline of the way the Project(s) will be implemented in the institution
 (please use extra sheets if necessary)

Description of the Project(プロジェクトの概説)
 勝山北部中学校では,NIE活動を通して環境教育,福祉活動の実践等,地域に根ざす活動を総合的な学習の時間や教科で,また各地区の公民館や地域の方と一緒に運動会,雪祭,文化祭等に学校の取り組みを発表してきた。それはすべてESDの方向性と同じであると考える。これからは,ESDへの意識を強く持ち,今までの取り組みを,ESDの視点で捉え直して取り組んでいきたい。また,自分たちの学校の中だけで終始するのではなく,地域の方にもよびかけをしていきたい。

Objectives of the Project(プロジェクトの目的)
 環境教育,福祉教育に全校で取り組み,その成果や取り組みを地域に発信し,地域とともに共生していく生徒をつくりたい。

Execution(プロジェクトの実施)
(e.g. through a specially designed course, through an existing course(s) or as an extracurricular activity)
  ・自立と共生の力の育成(住みたい町をつくる)
  ・コミュニケーション能力の育成
  ・新聞活用等による地域への発信
① 環境教育
  ・九頭竜川清掃
  ・ゴミ袋削減(お店への提案)
  ・外来種駆除活動
② 地域づくりのプロジェクト
  ・地域の方との交流(体育祭,文化祭,全校奉仕活動,地域調べ)
  ・環境保全(川掃除,外来種の駆除,農協・店・消費者団体との買い物袋等の削減)
  ・地域行事への生徒の参加(運動会,文化祭,雪祭,夏祭り)
  ・14歳の挑戦での地域への貢献や地域との交流
  ・地域の福祉施設への訪問,ボランテイア活動
  ・地域を活性化する活動(地域参加,参画,地域奉仕(駅掃除等)
  ・地域の人とつながる(共生)
  ・地域に学校を知ってもらう。(地域との協力関係の構築)
 
 「総合的な学習の時間」を中心に活動する。また,生徒会活動として特別活動の時間等も利用してグループや全員で取り組む活動とする。これらを「北中まちづくりプロジェクト」として勝山を「美しく」「有名に」「元気に」するために活動を展開する。
Type of materials to be used(使用する教材)
① 教材・教具
  ・アンケート(農業用のゴミ袋,川清掃)
  ・ゴミ袋 (川清掃用袋,軍手)
  ・福祉施設訪問のための教材
  ・認知症サポーター等の学習会や教材等(オレンジリング等)
② 書籍や各種の新聞,インターネット
  ・植物図鑑,多くの新聞,インターネットよりの地域活性の資料
③ 他団体との交流や呼びかけ
  ・勝山北部中学校のホームページや学校だよりでの発信
  ・農協,市役所,公民館の印刷物を利用しての発信
  ・消費者団体やお店への呼びかけ
  ・農協の広報誌
  ・地域の福祉施設との交流

Is there any type of evaluation to examine the effects of the project on students’ comprehension and attitudes?
(プロジェクトに対する生徒の理解と姿勢の評価方法)
① 評価方法・材料
  ・総合的な学習の時間では,授業のそれぞれの段階での振り返りによって評価する。
  ・学習ではレポートやプレゼンテーションの成果をもとに評価する。
  ・問題に対する興味・関心・意欲については,アンケートや感想によって評価する。
  ・各実践後に事後の記述式の評価を実施し,生徒の取り組み状況を把握する。
② 評価時期
  ・各学期末に委員会活動と同じように自己評価をする。
Powered by NetCommons2 The NetCommons Project