アクセス

« 残照 | メイン | 大縄練習3日目 5月30日(火) »

2017年5月30日 (火)

勝山の星空 2

 前回は、星の日周運動の写真をupしました。今回は、加越(加賀と越前)の国境にある山々と夏の大三角形や天の川の写真です。Rae6a4552_raw2

Rae6a4552_raw2b

 20時半頃から夏の星座が東から上ってきます。そして、22時頃になると天の川が東から南まで水平に出てきます(上の写真は、22時前に撮影)。

 右に星座の位置関係を入れた写真をのせます。天の川は、左(北)から右(東)へ流れるにつれてモヤがハッキリと出てきます。これは、南側が天の川の中心部になるためです。

 夏を代表する3つの1等星が上がってきたので、1枚の写真の中に加越の山々&夏の大三角形&天の川全てを入れようとしばらく撮影していました。そんな中、偶然にも流れ星が流れていました。Rae6a4556_raw  左上からうっすらと長い線が流れています。撮影しているときは気がつきませんでした(ホワイトバラスを少し変えています)。この写真は1枚目の大きい写真から5分後に撮影しました。見比べてみるとわずかな時間でも星が動いていることが分かります。Ae6a4570_raw2_2 撮影を始めてから30分後です。天の川、夏の大三角形がずいぶんと上がりました。高度を上げるにつれ、天の川のモヤもハッキリしてきました。(このモヤは、銀河系の星の集まりです。右(東から南)へ行くほどモヤがくっきりし、さそり座の辺りが銀河系の中心部分になります。)

 奥越地区は、2004,2005年に環境省の星空100選に選ばれています。夜の天気が良いときは、この星空を楽しみましょう。

 

コメント

コメントを投稿